ライトユーザーには格安スマホへの乗り換えという選択肢も

電話もあまり掛けることがないし、ネットなどもほとんど利用したことがないようなライトユーザーからすれば、3大キャリアの料金は不当に高く感じられるだろう。

そういった人が乗り換えを検討するのが格安スマホだと思われる。

 

確かに、格安スマホは通信速度など不便な点も多いのだが、通話に関してはそれほど問題ない。(そもそも、LINE電話でも通話は可能だ。)

大手キャリアの1Gプランなども、一括0円など、かなりいい乗り換えキャンペーンを開催しているのでなければ、たいしてお得とは言えないので、格安スマホも選択肢に入ってくるだろう。

 

SIMフリースマホと言われるのは、自由選択したSIMカードでも適合する端末のことを指し、以前は他の人所有のカードでの使用を禁止するためにロックされていたのだが、そのロックをないものにした(SIMロックフリー)端末というわけだ。

 

格安SIMの特長と言うと、何をおいても料金が安く済むということだ。名の知れた大手3大通信企業と比較対照してみると、相当料金が低いレベルになっており、プランをよく見ると、月額1000円位のプランが提供されている。月々かかる利用料が非常に安いので人気を博しているのだ。

利用料が抑えられるから何か不都合があるのではと思うかもしれないが、通話に関しては全く通常使用に堪える。

「中学生の息子にスマホを持たせてあげたいけど、高級なスマホは避けたい!」と感じる親御さんは、10000円圏内で手に入るSIMフリースマホを選択してはいかがだろうか?

驚くほど格安SIMが生活に溶け込んだこの世の中、タブレットにしてもSIMを差し入れて使ってみたいという人も多いはずだ。そのような人達におすすめすると気に入って頂けるSIMフリータブレットをお伝えする。

 

格安SIMを挿入して機能する白ロムは、auとドコモのスマホやタブレットのみに限定される。ソフトバンクの白ロムは適用外だ。ソフトバンクの白ロムに挿入しても、電波の送受信状況が非常に劣悪である。

白ロムの大半が日本国以外では何の役にも立たないが、格安スマホと呼ばれるものやSIMフリーのスマホであるなら、海外においても現地で調達できるSIMカードを差し込めば、使える可能性がある。

日本以外の空港に行けば、当たり前のごとく旅行者用のSIMカードが売りに出されているという状態だったというのに、日本を見てみると、そのようなサービスはごく最近まで見聞きしたことがない状況が続いてきたわけだ。

「白ロム」というキーワードは、初めは電話番号がまだ未登録の携帯電話機のことをいう専門用語だった。それに対し、電話番号が記録済みの携帯電話機のことを「黒ロム」と呼ぶ。

多くの企業が覇権を争っているだけではなく、更に毎日のようにその数が増加している格安SIMサービス。

どのサービスをチョイスすべきか明白になっていないという人ことを思って、用途別おすすめプランを紹介していく。

コメントを残す