格安スマホのメリットとデメリット

大手キャリアと比較してみると、格安SIMは料金が削減できるとのことで売り上げを伸ばしている。

 

だが、料金は低い水準で済むと言っても、通話はともかく、データ通信速度には少なからず問題がある、というのが筆者の見解だ。

UQモバイルあたりは比較的つながりやすい(mineoも許容範囲)が、日中はまったく通信は使い物にならない、という格安スマホも多い。

 

大手キャリアというのは、端末(スマホなど)と通信がセットになっており、殆どの人は、そのセットのまま契約することが通例のように思っているだろう。そういった事情があるため、MVNOに新規申し込みしたりすると、その安さに仰天する人も少なくない。

格安SIMの人気が高まってきて、家電量販店などでは大手通信企業のコーナーだけではなく、SIMフリー端末専用のコーナーが作られることも普通になっているし、いつでも買い求めることができる環境になってきた。

しかし、先にも述べたように、利便性を考えるなら格安スマホよりも、キャッシュバックのつく業者で大手キャリアに乗り換えを行う方がベターなのではないかと考える。

事実、筆者が以前(トップページで紹介している)おとくケータイ.netに取材した際に聞いた話では、一度は格安スマホに乗り換えたが、やはり使い勝手が悪く、結局おとくケータイ.netを使ってソフトバンクへ再度乗り換えをする、というユーザーも少なくないという話だった。

 

ただし、トップページでも触れたように、ライトユーザー向けのプランの拡充については、大手キャリアの動きは消極的だ。

申し訳程度に1Gプランを作ったりもしているが、コスパ的に魅力があるかというと甚だ疑問だ。

 

そんなわけで、データ通信量がごく僅かだったり、音声通話もほんのたまにしかしないというライトユーザーであれば、「格安SIM」と言われている通信サービスに変更する選択肢もあるだろう。

回線速度は見劣りするが、通話はほぼ問題ないし、通信料金はかなり安く抑えられる。

外であまりスマホを使わず、ネットは自宅の無線Wi-Fiを主に使っている、という人にとっても、格安SIMは賢い選択肢の一つと言える。

 

ただし、大手キャリアのように端末代を相殺するような月々の割引はないため、高価な端末を買ってしまうと結局高く付いてしまう。

現在使っているスマホがSIMフリーで、バッテリーのヘタレなどがないのであればそれを使うこともできるが、そうでなければ……

HUAWEIやASUSのZenFone、富士通のarrowsなど、2~3万円台の価格帯で評判のいいものを買うか、

SIMフリーのiPhoneなどを中古で買って使う形になるかと思う。

 

安くは済むが、たとえばソフトバンクに乗り換えたりするのに比べて若干手間が増え、快適性が少し犠牲になる覚悟は必要だろう。

それがライトユーザー向けか、と聞かれると、返答に悩むところでもある。

コメントを残す