現在使用中のスマホを継続して使いたい場合

当サイトではソフトバンクへのMNP乗り換えでキャッシュバックを入手し、スマホを安く運用することを推奨している。

 

しかし、スマホはまだまだ使えて愛着があるのであれば、端末を変えずにSIMを入れ替えることで安く運用する、という事でも構わない。

現在使用中の通信事業者と一緒の回線をレンタルしているMVNOを選んでMNP乗り換えすれば、端末を買い替えることなくスマホライフを堪能することもできるのだ。

 

白ロム、と言う言葉には聞き馴染みがないかもしれないが、なんのことはない、ドコモやauのような大手通信事業者にて買い求めることができるスマホのことである。

そうした著名企業のスマホを手にしているとしたら、その端末こそが白ロムなのだ。

 

もはや周知の事実だと思うが、人気の格安スマホを利用すると、スマホ本体の価格も含んで、驚くことに月額を2000円前後にダウンすることが可能になる。

格安SIMを挿入して機能する白ロムは、大半がドコモとau2社のスマホあるいはタブレットだけに限定のようだ。ソフトバンクの白ロムの選択肢は少ない。

ドコモとauの回線を使うSIMをソフトバンクの白ロムに挿入できたとしても、電波受信状況がすこぶる悪いと言える。

「中学校に進学する子供にスマホを買い与えたいけど、高級なスマホは避けたい!」と思われる方は、1万円もあれば手に入れることができるSIMフリースマホの中より選んであげたらどうだろうか。

 

SIMフリー端末の素晴らしい所は、月々の利用料が低減できるだけではないと断言する。海外滞在中に、専門ショップなどでプリペイド仕様のSIMカードを買うことができれば、あなたのモバイル端末を自由に使うことができるのだ。

SIMフリータブレットには、3G専用機種とLTE対応機種という2つの種類があるようだ。通信速度を重視したいなら、高速SIMカードに適合するLTE対応機種を選ばなければならない。

幾つもの企業がMVNOとして進出した結果として、格安SIMも価格競争が激化してきた。大手キャリアも対抗プランを打ち出し、それにプラスしてデータ通信量の上限を上げてくれるなど、顧客からしたら望ましい状勢だと言ってもいいだろう。

 

格安スマホの月末の料金が大手3社と比較して非常に低額なのは、高額スマホの無料通話というようなやり過ぎのサービスを完全撤廃し、ミニマムの機能だけで料金設定しているからだと考えられる。

現実的にMNPがわが国にも導入されたことで、キャリアを変える人が増え、これまでより価格競争の期待が高まり、そのために私共ユーザーにもメリットが多くなったと考えられる。

コメントを残す