キャリア縛り、ガラパゴス化からの脱却

格安SIMカードと称されているのは、大手通信キャリアの通信回線を間借りして通信サービスを広めているMVNOが、独自色の強いサービスを新しく考案して提供している通信サービスを指する。

キャリアが世に出しているスマホと比較してみると、SIMフリースマホはMVNOはどこでも構わないということと、海外で販売されているプリペイドSIMを挿し込むことにより、海外でも利用可など実用性に富んでいる点が大きな利点だと言える。

「最近知人でも格安スマホに乗り換える人が目立ってきたし、自分もそっちにしよう!」ということで、導入を考えている人も増えているようだ。

 

国外の専門ショップなどでは、必ずと言っていいほど旅行者用のSIMカードが販売されているという実態だったというのに、日本について振り返ってみると、同様のサービスは長い間存在しない状態が続いてきたわけだ。

海外に行ってみれば、かなり以前からSIMフリー端末が浸透している状態だが、日本に関しては周波数などに違いがあることが原因で、各キャリアがSIMにロックを掛けるなどして、専用のSIMカードを提供していたというのが実際のところだ。

このあたりにも日本がガラパゴス化と言われる一端が垣間見える。

ネット回線に関しても、かつて世界では既に定額制ブロードバンドが一般的になっている時代にも、日本はISDN、ADSLと段階を踏ませて、ようやく世界標準に追いついた、という経緯がある。

ユーザーの利便性や技術の改革を活かすことより、大手企業が可能な限り既得権益を維持しよう、という思惑が垣間見える。

少し脱線したが……しかしながら、自力で格安SIMだけ契約して、白ロムを自身でゲットすることは、経験の浅い人には困難が伴うので、このような方は現実的には格安SIMとセット販売されている格安スマホを選択することになるかと思われる。

まだ携帯電話を持っているが、スマホに買い替えようかと思案しているという方や、スマホの支払いを割安にしたいという人にも、格安スマホはおすすめの端末となり得るのではないかと考える。

掲載している白ロムは、以前に契約された携帯電話を解約したか、そうでなければSIMカードを取り去った状態の商品なのだ。つまるところ今日までに縁のない人の手に渡ったことのある商品なのだ。

各携帯電話会社とも、一長一短あるサービスを提供しているので、おすすめを絞り込むのは苦労を伴うのだが、経験の浅い人でも「後悔しない&使い勝手が良い」格安SIMを、比較提示してレクチャーしたいと思う。

コメントを残す